医療事務 将来性

MENU

医療事務の将来性

今の日本は高齢化社会が進み、医療現場はどんどん大きくなっています。
その影響で、病院やクリニックの数も増えつつあるので医療事務が活躍出来る場所はたくさんあります。

 

また一般企業と比べると倒産するリスクも低く、全国どこにでも病院やクリニックはあるので働く場所が制限されることもありません。

 

ただ医療現場にもコンピュータの導入が進んできています。
今まで人がしていた作業や確認業務等をコンピュータが行ってくれ、医療事務の仕事内容が少なくなり、それに伴い人件費削減もあり医療事務の人数は減らしてもいいのではないかという考え方もあります。

 

でも、まだまだ医療事務の仕事はコンピュータでは出来ない作業もたくさんあります。

 

それに患者さんと直接接する機会も多い仕事です。受付やお会計が全て機械化されてしまうと、やっぱり病院としては淋しく温かみがなくなってしまいます。

 

確かにコンピュータのおかげで、仕事内容も簡単になり便利になってきたのは現実です。
だからと言って、医療事務の需要が減るわけではないので高齢化社会とともに医療事務はまだまだ活躍できる場は増えてくると思います。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務

医療事務の将来性記事一覧

医療事務として働きたいけど、お給料はどのくらいなのだろうと気になると思います。病院によって金額は変わってきますが、基本給は平均15万円前後が多いと思います。この金額に残業代が付いたり、勤務年数で金額は増えてきます。もしかしたら医療事務は病院勤務だから、収入が多いのではと思う方もみえるかもしれませんが、正直決して高収入の職種ではないと思います。でも病院なので倒産したり、1度務めたら安定した収入に繋が...

初めて病院に勤める時、何時まで働くのだろう?残業は?休日出勤はあるのだろうか?と不安に思う方も多いと思います。勤務時間などは病院によって色々ありますが、大きく分けて個人病院と総合病院や救急患者さんを受け付ける個人病院によって勤務の仕方が変わってきます。まず、個人病院の勤務時間は診療時間=勤務時間の病院が多いです。例えば、午前9時〜12時・午後5時〜7時までが診療時間の病院はその時間帯が勤務時間にな...

医療事務は決して難しい仕事ではないと思います。医師や看護師のように国家試験に合格しないと出来ない仕事でもないし、資格を持っていなくても働きながら覚えていけば出来る仕事だと思います。でも医療事務というと仕事柄、様々な人と出会い色々な人と関わりを持たなくてはいけません。お年寄りの患者さん、同世代、若い方や小さなお子様の患者さんと様々です。また病院で働く医師や看護師、技師の方などのサポートをしていかなく...

医療事務の仕事内容は、受付で診察にみえた患者さんの対応があります。その際、保険証の確認に保険証を元に氏名・住所などの情報からカルテを作成します。そして診察が終わりカルテが戻ってくると会計計算の為、診療内容をコンピュータ入力し計算後お会計をするという一連の流れの仕事があります。その間にも電話応対などもあります。そして毎月10頃までに診療報酬請求業務と言い、先月分の診療行為をレセプトとして仕上げ提出す...

医療事務の求人状況は地域によって異なってくると思いますが、条件等を選ばなければ求人は必ずあります。でも、お給料の希望や休みなど自分の希望に合った求人を探そうとすると数は多くありません。実際、医療事務の資格は取ったけど医療事務以外の仕事をしている人達もいます。今、医療事務は人気が高いので求人募集1名の枠に何十人と応募者があるのは珍しくありません。では、その1名はどのように選ぶかですが中途採用の場合、...

医療事務の求人で代表的なのは、厚生労働省が運営するハローワークを活用すると多くの求人を見ることが出来ます。自分の住んでいる地域の求人情報をたくさん持っているし、窓口に行くと相談にものってもらえます。最近では、小さなお子さんをお持ちの主婦の方専用の窓口があるハローワーク(マザース)もあるので、主婦の方はそのような窓口等を利用して自分の希望の病院を探してみるのもいい方法です。次に正社員での求人数は少な...

医療事務の仕事は、医師や看護師をとりまく環境にあります。医師しか、看護師しかできない仕事が多々あります。それをサポートするのが医療事務の役目です。主に医師や看護師は医療行為をする傍ら、医療費請求を中心とした医療費請求を中心に作業をします。医師、看護師は医療行為ができますが、医療事務にはそのすべてを代わりにすることができません。ですが、医師が医療事務を雇うのには、分業という仕組みを明確にしたいからだ...