医療事務 経験者 実態

MENU

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容は、受付で診察にみえた患者さんの対応があります。
その際、保険証の確認に保険証を元に氏名・住所などの情報からカルテを作成します。

 

そして診察が終わりカルテが戻ってくると会計計算の為、診療内容をコンピュータ入力し計算後お会計をするという一連の流れの仕事があります。
その間にも電話応対などもあります。

 

そして毎月10頃までに診療報酬請求業務と言い、先月分の診療行為をレセプトとして仕上げ提出する業務があります。

 

 

レセプトとして診療行為の内容を提出しないと病院に収入が入らない為、請求漏れがないか慎重に業務をします。

 

また、ある程度ベッド数があり入院患者さんを抱えている中規模の病院は、専門に病棟クラークを配置している病院もあります。

 

病棟クラークとは、外来と別に病棟のナースステーション内で事務作業をします。
主な仕事内容は、入院案内や入院中のご家族の対応、医師や看護師のサポートがあります。

 

また細かい業務になると、カルテ管理としてレントゲンフィルム管理や検査データの処理、診断書などの文書類の整理があります。

 

そして病院の規模が大きくなる程、診療情報管理士が配置される場合が多いです。

 

診療情報管理士の仕事内容は、検査結果などカルテに足りない書類はないか、記録に誤りはないか確認したり、検査や手術日などの診療行為の経過がちゃんと書かれているかなど確認事項は本当にたくさんあります。

 

その確認事項を情報として医療現場で提供出来るようにするのが仕事内容になります。

 

医療事務というと、受付などの窓口業務を思い浮かべる方が多いと思いますが、このように病棟の規模に応じて様々な仕事内容があります。

 

 

≪科によって違う仕事の流れ≫

 

実際に産婦人科に勤めている私の一日の仕事の流れとは

 

産婦人科の受付事務という仕事に就いて早2年。
受付とは漠然としたネーミングで仕事をこなしてきましたが、やっていることはかなり多岐にわたりました。

 

受付も然りですが、まずは病院の窓口として患者さんを迎えます。

 

産婦人科は産科婦人科、と2種類の科が入っています。
産科はその名の通り、妊娠出産で受診するところです。

 

婦人科はもう少しくくりが大きいですが、どちらかというと女性特有の病気で来られる患者さんが多く来院します。

 

一日に来られる患者さんは産科と婦人科で7対3ぐらいの割合です。
婦人科が専門の病院もありますので、産科がメインだとそのぐらいの割合です。

 

出産までできる入院施設のある病院ですので、1年近く通われる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

 

出産後も赤ちゃんの顔を見せにいらしたり、ご自分の体調が悪いと婦人科にいらしたりと長いお付き合いになることも多く、ちょっとした常連さんも少なくありません。。

 

受付をしていると、朝からいろんなタイプの患者さんを目にします。

 

おなかの大きい方、つわりで気分の悪い方、元気いっぱいの方…
当たり前ですが女性の方ばかりなので、私としては気持ちがよくわかります。

 

妊娠出産を経験し、流産も経験があるので、そうなってしまった方の悲しみはいかばかりかと心が痛むのです。

 

かといって、感情移入ばかりしているわけにはいきません。
そういう方が少しでも落ち着いてお話ができたり(カウンセラーがいる病院でした)徐々に明るくなっていかれるところであるように、事務とはいえお声掛けをしたりしています。

 

出産は人生の一大事なので、少しでもストレスや肉体的な苦痛から解放してあげられるよう、穏やかな対応、素早い請求業務
(これが大事)、そんなところにも気配りを怠らず、看護師や医師にスムーズにつながるよう努力しています。

 

毎日患者さんが笑顔で帰宅できるように、サポートするのが私たちの役目ですので、これからも身を引き締めて業務をこなしたいと思います。

医療事務はただの受付ではありません

医療事務員になって、ただ受付すればいいというわけではないことを実感しています。

 

医療事務の仕事をしていると聞いて、
患者さんの受付をする人というイメージだけしかないという悲しい意見を聞きました。

 

果たしてそんなに暇な仕事なのでしょうか?

 

医療事務の仕事は本当にたくさんのことをやらなければなりません。
コンビニの店員さんみたいな感じです。

 

受付、カルテだし、患者さんのヒアリング(結構大変)、医事コンピュータ打ち込み、会計、看護師への伝達…少し上げただけでこれだけあります。

 

もちろんこれだけではありません。

 

特に、
医事コンピュータへの打ち込みは神経を使うことが多いので、かなり疲れてしまいます。 

 

間違いは許されないので、確認や目視を怠らずに進めます。

 

一人で任されることは少ないですが、少人数が基本ですので、やはり連携と確認は絶対です。

 

午前中の疲労の塊は午前と午後の休憩の間にリセットさせるしかありません。

 

午後は会社帰りの方が増えて、閉院ギリギリまで患者さんが来ることも多く、帰るのは8時過ぎ…というように遅くまで頑張っています。

 

というように、医療事務を侮ってはなりません。
毎日の地道なコツコツと積み重ねの仕事が繰り返され、病院の縁の下の力持ち的な存在になっているのです。

 

 

医師や看護師が表舞台なら、医療事務は裏方さんです。 
でも同じ医療現場に立つ身として、緊張感は同じフィールドです。

 

しっかりとした土台を支えているのが医療事務の役割だと思います。
誰かの役に立ちたい、苦しんでいる人を助けたい、という信念は一緒なのです。

 

医師も看護師もマルチにすべてを動かすことは困難です。

 

その間間に立って、医師や看護師の本来の仕事に専念できる環境を作ってあげるのも、医療事務員の大切な役割といえます。

 

病院スタッフからも、患者さんからも「ありがとう」といわれる、素敵な仕事だと私は誇りに思って日々仕事をしています。

 

カルテの整理

医療事務の業務に携わっていると、必ずと言って良いほど避けることができないものがあります。

 

それは、患者さんのカルテの整理です。

 

 

どこの病院やクリニックでも、患者さんが1人ということはなく、多くの患者さんを抱えています。
そのため、扱っているカルテの量も、必然的に多くなるのは、当然ながら言うまでもないことです。

 

もちろん、患者さんの人数が多い以上、きちんとカルテを管理することが大きく求められます。

 

 

では、カルテの管理では、どんな点に留意することが必要なのでしょうか。

 

まず、患者さんの情報は、いかなる場合でも厳重に管理することが求められます。
患者さんの個人情報を外部に漏洩するのはもってのほかですが、ある患者さんの情報を別の患者さんの情報とごちゃまぜにしてしまっては、どの情報がどの患者さんの情報なのか、自分でもわからなくなってしまいます。

 

もちろん、これでは後々の整理を行う際にも、非常に時間や手間がかかるのは、言うまでもありません。
もし整理だけに時間や手間が無駄にかかってしまうと、それだけ患者さんを待たせてしまうことにもなり、良くありません。

 

 

どの患者さんのカルテがいつ必要になるのかについては、まったく予測ができません。
患者さんがいつ来院するのかわからない以上、いつカルテを準備しても良いような状態にしておくのです。

 

このカルテの整理がきちんとできるか否かという点は、医療事務スタッフとしてのスキルがあるかないかを判断するのにも重要な要素になるのです。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務

医療事務の仕事内容関連ページ

医療事務の収入は?
病院によって基本給や残業の多さで手当の金額が本当に変わってきます。
勤務時間や残業、休日出勤はどうなってるの?
勤務時間などは病院によって色々ありますが、
大きく分けて個人病院と総合病院や救急患者さんを受け付ける個人病院によって医療事務の勤務の仕方が変わってきます。
医療事務職員に求められる適性
医療事務は今ある現状を理解し臨機応変に仕事をこなしていける柔軟性がとても大切になってくると思います。
就職・求人状況は
医療事務の就職は、決して簡単ではないのが現状です。
でも正社員で採用される可能性もありますし、まずはパートや派遣で実務経験を積んで正社員を目指す選択もあります。
求人情報はどう探す?
意外と効果があるのが、近くの病院に行く機会があったら院内に「スタッフ募集」の貼り紙があるか探してみるのもいいと思います。
医師、看護師から見た医療事務への期待
医師、看護師に訊いてみました。医療事務員への期待度や一緒に仕事をする上で求められることとは?