メディカルクラーク検定試験

MENU

メディカルクラーク検定試験

このメディカルクラーク検定試験ですが、個人のみでなく、団体でも受験することが多いです。
実際にこれまでに受験した人数について見てみても、約150万人近くにも及ぶことが言えるのです。

 

つまり、これだけすさまじいとも言える数の受験者がこの試験にチャレンジしているのです。
医療事務に関連した資格の中でかなり認知度が高い資格で歴史が40年を超えています

 

医療事務に必要な知識や技術があるかどうかということを試験で計り、医療事務としての知識や技術があらかじめ決められている基準を超えることで資格の取得ができます。

 

メディカルクラークの試験に合格するとメディカルクラークの称号を付加してもらうこともできるので、医療事務員としての地位も向上します。

 

この資格を持っていると、医療事務の求人に応募した際に、採用される確率がアップすると言われています。
と言うのも、この資格を保持しているということは、医療点数に精通していて、点数を金額に換算する時に力を発揮すると言われているからです。

 

合格率は約60パーセントくらいですが、合格ラインはきちんと決まっているし、あくまでも相対評価なので、基準に達していれば、誰でも合格できるのです。

 

きちんと加点されるポイントを押さえておけば大丈夫です。

 

ただし、基準に達していなければ、合格はできません。

 

 

メディカルクラークの試験は医療事務に関連した資格の中では珍しく、試験を受けるためには医療事務の実務経験が必要となっていますが、実務経験が無い場合は用意されている教育カリキュラムを受講することで試験を受けることができるようになります。

 

ちなみにメディカルクラーク試験には2級の試験と1級の試験がありますが、1級の試験を受けるためには2級の試験を受ける必要があります。

 

いきなり1級の資格を取得することはできませんが、1級の資格になると難易度はかなり高くなってくるため、資格を取得していることによって医療事務の就職や転職にかなり有利に働いてきます。

 

医療秘書技能認定試験

医療秘書は、医療業界においては欠かすことができない存在です。

 

最近では、医療事務のスタッフが医療秘書を兼ねていることも多く、その関係で医療秘書技能認定試験を受験する医療事務スタッフが増えてきています。

 

医療秘書と聞くと、どこか華やかなイメージばかりが先行しますが、実はそうではないのです。
華やかなイメージとは裏腹に、様々な業務をこなす必要があり、中途半端な気持ちでは絶対に務まらないのです。

 

この職種の方々は、院長先生や一般の医師はもちろんのこと、看護師や他の医療事務スタッフ達と、常に連携を取っているのです。
もちろん、単なる連携のみならず、患者の応対はもちろんのこと、その他様々な医療事務の業務に携わっているのです。

 

だからこそ、非常に高いスキルが求められるのは、言うまでもないことなのです。

 

 

では、医療秘書技能認定試験の特徴とは、一体いかなるものなのでしょうか。

 

この試験では、医療に関する基礎的な知識はもちろんのこと、医療機関を担うスタッフとして、いかに意味のあるコミュニケーションを取ることができるかが試されています。
また、患者さんの対応をする際は、患者さんを不愉快にさせることがないよう、節度をもって接することが求められます。

 

このようなマナー面も医療秘書として兼ね備えているかどうかは、医療秘書技能認定試験を受験して結果を得ることによって、はっきりと分かるようになるのです。

 

合格基準は、課される全てのジャンルで6割以上得点をすることで、条件を満たします。

 

医事業務管理技能認定試験

医事業務管理技能認定試験は、メディカルクラーク検定試験よりもさらにレベルアップした試験であると言っても良いでしょう。

 

もちろん、その分求められる知識のレベルもアップするので、きちんと対策を立てた上で真の意味での実力を身につけていくことが、何よりも求められるのです。

 

 

ここでは、医事業務管理技能認定試験の特徴がいかなるものなのかについてお話します。

 

この試験は、診療情報管理業務に携わる人が、診療情報管理を行うのに必要な知識やスキルを備えているかをテストするための資格と言われています。

 

診療情報管理業務に携わるのであれば、どんな人であっても、病名をきちんと知っていたり、あるいはコーディングの技能を正しく評価できることなどが求められています。

 

医療事務を遂行していく人として、職業としてやっていけるだけの能力を兼ね備える人材を養成したり、あるいは医療事務の社会的な認知度をアップしたりということが主な業務になります。

 

この資格が初めて登場したのは、西暦2004年なので、まだ始まったばかりの試験であると言っても良いでしょう。

 

試験内容は、学科試験と実技試験が課されます。

 

学科試験においては、医事業務管理に関する知識をダイレクトにテストします。

 

実技では級によって基礎と応用とありますが、いづれの場合も単なる表面的な知識ではなく、きちんとスキルとして身についていることが、合格を勝ち取るため大切な要素になるでしょう。

フロントコンシェルジュ技能試験

医療業界では患者さんへの対応力をきちんと磨いていくことが必要です。
そこで登場するのが、フロントコンシェルジュ技能試験です。

 

では、この試験ではどんなスキルが試されているのでしょうか。

 

一言で言えば、医療機関のフロントの段階で、患者さんへの接遇のレベルがどれだけ高いかが試されているのです。

 

どこの医療機関であれ、フロント業務いかんによって、患者さんの印象は大きく異なってきます。

 

患者さんが医療機関を訪れた時に、真の意味で安心できるかどうかについては、まさにフロントの対応次第なのです。

 

もしこの段階で患者さんを快適に迎えることができなかったら、その患者さんは他の医療機関に流れてしまうことになります。

 

もちろん、それではもったいないことこの上ありません。
このフロントコンシェルジュ技能試験によって、接遇のプロを育成していくことを助長するのです。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務

メディカルクラーク検定試験ほか関連ページ

医療事務技能審査試験
医療事務技能審査試験は、別名メディカルクラークと言われる資格です。
資格の種別は1級・2級があり、特に2級の受験者数が多いです。
また、医療事務の資格試験としては最大規模の試験になります。
難易度はそれ程高くなく、合格率は50〜60%ぐらいです
診療報酬請求事務能力認定試験
診療報酬請求事務能力認定試験は、受験者数が多く人気の試験ですが難易度が高い資格試験で有名です。
年間2万人近くの受験者数がいます。合格率は20〜30%程で、医療事務関連の資格の中でも最高峰の資格と言えます。そのため医療機関の評価も高く、中には資格手当など給与に直接反映させている医療機関もあります。
医療事務管理士技能認定試験
医療事務管理士技能認定試験は、40年以上の実績を持つ資格で医療事務全般の能力や評価を認定する試験です。
どの医療事務の資格がおすすめか?
どの医療事務の資格を取るのか迷ったら、人気なものや難易度、試験の実績など客観的なデータで検討するのもいいと思います。
医療事務と調剤薬局事務の違い
医療事務は医療に関わる事全てを勉強しなくてはいけないので難易度は難しいと思います。
調剤薬局事務は勉強の範囲が薬剤に関わる事だけなので、資格取得の難易度は医療事務ほど高くないです。
仕事内容も色々な点で違ってきます。