医療事務 合格率

MENU

合格率はどれくらいか

医療事務の資格を取得しようと思うけど、いったいどの資格がどれくらいの合格率なのか気になるところだと思います。

 

ただ医療事務の資格は、医師や看護師のように国家試験ではなく民間試験になります。
民間試験なので試験を主宰する団体はいくつかある為、資格試験も10種類近くあります。

 

しかし財団法人が主宰する資格試験は、どちらかというと難易度が高いといえるかもしれません。

 

財団法人が主宰し、

 

医療事務の資格の中で最も難易度が高いといわれているのが「診療報酬請求事務能力認定試験」になります。

 

合格率も20〜30%程で医療事務関連の中で最高峰の資格といわれます。

 

難易度も高く、なかなか取得が難しい反面、この資格を持っていると高い評価を得ることが出来る資格です。

 

同様に財団法人が主宰している資格で「医療事務技能審査試験」があります。
この資格を取得するとメディカルクラークの称号が与えられるため、人気の資格になります。
出題方法も実務に1番近い出題方法と言えます。

 

ただ財団法人が主宰していますが、合格率は50〜60%程で決して難易度が高い資格でないといえます。
またこの資格は1級と2級がありますが、2級に関していえば毎月開催されているので資格取得のチャンスはたくさんあるので合格しやすい試験といえるかもしれません。

 

他にも医療事務関連の資格は色々ありますが、様々な協会が主宰している資格はほとんど合格率が50%以上あるものが多いです。
中には80%近くの合格率がある試験もあります。

 

なので、まず実務経験を積みたいと思う方は、主宰団体に注目して合格率が高い試験にチャレンジして実務経験を積む方法もあります。

 

また難易度は高いけど、有名な資格試験が多い財団法人主宰の試験にチャレンジし就職活動でアピールする方法もあります。

 

試験によって多少勉強の方法は変わってきますが、主になる勉強内容には変わりがないので、取得する資格に悩んだら合格率のデータに注目して選ぶのもいいかもしれないですね。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務

合格率はどれくらいか関連ページ

学習期間
医療事務専門のスクールに通学の場合、平均3〜5ヶ月ぐらいが多いです。
通信の場合は、通学と違い自分1人のペースで勉強を進めていくので自分の頑張り次第で短い期間で資格取得が可能です。
平均すれば6ヶ月が多いようです。
医療事務の試験問題形式
医療事務の資格は色々あり、資格によって試験内容は異なってきます。
でも共通していえるのは、ほとんどの資格試験には学科と実技があるという事です。
医療事務の勉強方法-通学・通信・独学
医療事務の資格取得ための勉強方法は、通学講座と通信講座と独学の3種類があります。
勉強方法は、それぞれメリットとデメリットがあるので今の自分の現状などに合った方法を選ぶのがいいです。
独学で合格は可能か
経験者からいわせていただくと、
独学での医療事務資格取得は可能ですが、自分が思っている以上に時間は掛かる
と思います。
通信講座で資格を取ろう
通信講座では医療事務資格が取得しにくいのでは、というイメージがあるかもしれませんがそんな事はまったくありません。