医療事務 体験談

MENU

勉強と現場は違う

私が医療事務として初めて働き始めたのは、3年制の短大を卒業してすぐでした。

 

医療系の短大は3年制が多く、学生の間は授業でレセプトの勉強をしたり、学生同士で実際に受付の練習をしていました。
また医療事務関係の資格も1つだけではなく、何個か取得しました。なのでレセプトには少し自信がありました。

 

でも実際に病院で働いてみると、思っているのとは違いました。

 

受付業務は今、目の前にみえる患者さんの対応をしていても患者さんは待ってくれないので、その横から声を掛けられたり、受付で自分の病状を長い間話され、それを親身になって聞いていると、

 

先輩から、
「詳しい病状は受付が聞いても薬等処方できないから先生に話すように促して。他の患者さんを待たせているから」
と注意をされたりと、本当に最初は失敗続きの毎日でした。

 

レセプトの業務も、勉強ではただ単にレセプトを間違いなく作るだけの練習でした。
でも実際は、このお薬が出ているけどお薬に対する病名はあるかの照らし合わせの作業。もし病名がなければ先生に病名をもらいにいったりしなくてはいけません。

 

それに毎回、このお薬は何の病気の薬かを確認していると時間がもったいないので、お薬の知識を覚えたりなど学校で勉強したレセプトの知識はもちろん必要ですが、現場では医学の知識も必要になってきます。

 

また患者さんは私たち医療事務の都合に合わせてくれません。
次から次へと話しかけてみえるので、周りの状況を確認して臨機応変に動ける柔軟性が本当に必要になってくると実感しました。

 

ある程度仕事に慣れてきたら周りを見れる余裕が出来てきます。
でも毎日同じ患者さんや同じ症状の患者さんがみえるわけではないので、常に緊張感が必要です。

 

ただ毎日緊張して受付業務をしていると、笑顔がなくなってしまいます。
緊張感と笑顔の両方が必要になってくるので、決して簡単な仕事ではありません。

 

だからこそ遣り甲斐のある仕事だと思うし、何より患者さんに「ありがとう」と声を掛けてもらえるのは嬉しいです。

 

≪仕事の中で一番大変なことは?
医療事務員は、大変なことがなさそうに見えるようです。結構大変な作業があるというお話

 

 

先日驚いたことがありました。

 

知人が
医療事務の仕事なんてラクして稼げていいですね
と言うのです。

 

どういう根拠なのかと訊いてみましたが、

 

医者でも看護師でもないのに医療の業界で、ただ受付して会計のレジを打ってるだけなのに、たくさんお給料をもらっているのでしょう?

 

と言われてビックリしてしまいました。

 

どこからそんな話が出てきたのかはよくわかりませんが、そんなに楽して稼げているわけがないので悲しくなりました。

 

というより医者も看護師もラクしていないし、そういう根拠のない噂が広まらないように祈るしかありません。

 

医療事務の仕事は思ったよりハードで地味です。
正直お給料もそんなに高額というわけでもありません。

 

私は信頼のおける医師と看護師のいる病院で働かせていただいていますが、毎日充実していますし、それなりの休暇もいただいていますので、不満に思ったことはありません。

 

もちろん大変な業務もたくさんありますし、遊んでお給料をもらっているようなイメージは抱いてほしくありません。

 

実際の医療事務の毎日ですが、
間違いが許されるという世界ではないので、かなり神経を使う仕事が多いのです。

 

患者さんの健康にかかわるお仕事ですので、患者さんとのコミュニケーションをとっていくのも医療事務の大事な仕事です。

 

患者さんの中には調子が悪い故に、いらした段階で愚痴っぽくなってしまったり、待たされることを嫌がる患者さんもたくさんいらっしゃいます。

 

お薬の内容や診療費についてクレームを言われる患者さんもいます。
すべて窓口となる医療事務の者が対処します。

 

どんな仕事でも共通だと思いますが、ラクして稼げる仕事などありません。

 

もちろんやりがいを感じたり、患者さんに嬉しい言葉をいただいたりすると、
マイナスの事柄は打ち消されてしまいますし、やっていてよかった!と思うことのほうが多いですが、

 

医療事務は医者や看護師とは違う苦労を担っていることを、わかっていただきたいな…

 

と思うのです。

 

病院の顔として、日々頑張っているのです!

 

 

≪助け合い精神を持っている窓口
窓口で待っていると、はやく呼ばれないかなと、患者さんやその家族なら誰でも願っていることです。
そして自分が呼ばれるのは、まだまだ先だろうと思うと、とても辛い気持ちになったり、悲しい気持ちになったりします。

 

そのため、その窓口で会計を待っている状態は少しでもはやくしてほしいと願っているのです。

 

そう思っている時、この前にとても良いと思ったことがありました。

 

それはある病院を受診したときのことです。
その日ははやく帰りたかったのですが、会計のところに行くと、そこにはたくさんの人が待っていて、私が呼ばれるのは、まだまだ先だと辛くなった時がありました。

 

その時、
窓口に数人の助ける人員が現れたのです。

 

そして患者さんを呼ぶ人、会計をして薬を渡す人など、いくつかの窓口を増やして、対応をしてくれたのでした。

 

その姿を見た時には、本当に窓口はこうあって欲しいと願ったことでした。
その対応を見ていると、本当にあっぱれだと思うことができます。

 

そしてそのように対処することができる、その事務員の構成についても素晴らしいと思ったことでした。

 

また、その病院の体制についても、患者さん中心の医療をしていると、まさに実感することが出来たと思ったことでした。

 

≪神経科の受付の方の良い点、悪い点
私は長年うつ病を患っており、神経科医にかかっています。

 

神経科は、1人の患者さんが先生に訴える時間が長いので、当然待ち時間も長くなってしまいます。
1人30分ということも珍しくありません。

 

長く待たされるとやはりイライラしてきます。

 

そこの医院の受付の方は2人おられるのですが、前の患者さんと後の患者さんとの時間が長いので、かなりひまなのか、

 

2人でよくおしゃべりをして笑っておられる
のです。

 

こちらは不調で気分も落ち込んでいるので、明るい笑顔で楽しそうに話しておられるのを聞いていると、少々不愉快になってきます。

 

不快感を感じているのはおそらく私だけではないと思うのですが、誰も何も言うことができません。

 

おそらく受付の人は健康なので、うつや神経症で悩んでいる人の気持ちがよくわからないのでしょうね。
でも、多少は察して、おしゃべりはやめてほしいと思います。

 

そのあたり、先生にも指導していただければと思うのですが、診察室の中にいると、外の受付の様子まではわからないかもしれませんね。

 

 

ただ、診察や会計が終わって帰ろうとすると、

 

2人の受付の人は声をそろえて「さようなら」と言ってくださいます。

 

他のところはたいてい「お大事に」なのですが、そこでは「さようなら」と決めておられるのでしょうね。

 

それはとても新鮮な気がして、その声を聞くと気持ちが明るくなります。

一括資料請求が大変便利です

一括資料請求サイトのよい点は、なんといっても1回だけの入力で複数のスクールに資料請求できること。
また、医療事務の通信講座の費用が一目瞭然でわかるのも嬉しい点です。
一括資料請求はこちらから。↓

yajirusi
まずは、→医療事務をクリックすると、以下の画面が出てきます。

顔


この中の「通信講座」をクリックすると、医療事務の通信講座の一覧が出てきます。
請求できるスクールは、
・ニチイ、ユーキャン、ソラスト、ヒューマンアカデミー、資格の大原の5校です。
各講座の費用もすぐ比較できます。

yajirusi
あとは、下の画面から自分の住所などの情報を一度入力すれば、医療事務講座6校の講座資料が一度に請求できます。

資料請求


こちらからどうぞ→医療事務

勉強と現場は違う関連ページ

初めての患者さんの死
医療事務の現場経験者が、実際の仕事現場の体験を本音で語ります。
気に入られちゃった
医療事務の現場経験者が、実際の仕事現場の体験を本音で語ります。
癒しの場
医療事務の現場経験者が、実際の仕事現場の体験を本音で語ります。
電話対応での失敗
医療事務の現場経験者が、実際の仕事現場の体験を本音で語ります。
どれだけ笑顔で対応できるか
医療事務の現場経験者が、実際の仕事現場の体験を本音で語ります。
院内処方病院の医療事務員
院内処方の病院は科によってはまだかなり顕在しています。医療事務員がかかわっていることとは?